禁煙に挑戦しようとする男性

禁煙というワードを聞いただけで恐ろしい気持ちになる方もいると思います。しかし自分の将来の身体を心配するならば禁煙に挑戦することは必要です。こちらでは禁煙のコツや禁煙グッズ、なぜ禁煙できないのかなどを紹介したいと思います。

外国のタバコ事情・禁煙で体調改善

日本よりも外国のほうが、タバコに対して厳しく考えているところが多いです。先進国の中では、日本は喫煙に関してはまだまだ甘い国です。
ヨーロッパなどでは、タバコのパッケージに肺がんの状態、受動喫煙で被害を受けた子供、タバコによって黒くなった肺、などが印刷されています。日本のタバコの箱にも、喫煙者の肺がんの危険率が非喫煙者よりも高まることが書かれてはいますが、文字だけです。
文字も小さく書かれているだけなので、意識しないと見ることもありません。
外国のような視覚に訴える売り出し方は、実は非常に禁煙にとっては有効な方法です。気持ちの良くないパッケージ写真を見る事で喫煙したい気持ちがなくなったり、吸った時の快感を減らせる可能性があるからです。
日本のタバコのパッケージはスタイリッシュで格好良く、若者にとっては「タバコ=格好いい」というイメージを抱かせてしまいがちです。これを是正するには、日本のタバコのパッケージももっと「タバコ=体を壊す」というイメージを抱かせるものに変えたほうが良いでしょう。
タバコが体調を崩させる原因になるのは、タバコの2成分のニコチンとタールの影響です。両方とも毒性の高い危険な化学物質で、人体に影響を与えます。
ニコチンは習慣性の高い物質で、非常に強い神経毒の一種です。タバコでは煙としてニコチンを吸入するので摂取量は微量ですが、タバコを誤飲した場合には急性中毒で死に至る危険性もあります。また、喫煙本数が増えればそれだけ体に影響が出てきます。
タールには約4000もの化学物質が含まれていて、中には発がん性を含んだものもあります。水溶性ではないので尿と一緒に外に出て行かず、細胞に付着して悪影響を与え続けるのが怖いところです。